2012年09月11日

ジニアスeyeのトレーニングでしっかり眼球を鍛える

子供のころ教科書の隅に書いたコマ送りの絵のようにぱらぱらと早くページをめくりませんでしたか?

このようにまんべんなく眼球を動かすジニアスeyeのトレーニングはこのように速読とも関係があります。ジニアスeye提唱者の川村氏は速読法でも独自の方法を編み出した第一人者です。

ですから視力回復とともに速読もできるようになるかもしれません。日常の生活ではこのような6つの筋肉を使うことはまずない、といってもいいでしょう。ですからジニアスeyeのトレーニングでしっかり眼球を鍛えることができます。

さらに詳しくはこちらから。

ジニアスeyeでは鍛える眼球の筋肉は6つあります。

これは医学的にももちろん6つあります。

その6つとは内向きの運動を支配している「内直筋」、外向きの筋肉の運動を支配している「外直筋」、上内向きの運動を支配する「上直筋」、下内向きの運動を支配している「下直筋」、下外向き運動とぐるりと回す車輪回転運動を支配している「上斜筋」、上外向き運動と同じく車輪回転運動支配している「下斜筋」です。

どれも眼球を支えている細い筋肉です。ジニアスeyeではこの6つの筋肉をいろいろな方法を使って鍛えることで視力回復のトレーニングをします。

さらに詳しくはこちらから。





posted by ジニアス at 20:58| 日記 | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

視力低下を回復できる方法

私たちは目をどのように使っているのでしょうか。日常生活では「遠くを眺める」か「近くの文字などを読む」というどちらかの使い方をしています。「景色など遠くを眺める」ときらは視野が拡大され、広い部分を見ます。ということはより視線の動かし方は大きくしかも素早くなります。
さらに詳しくはこちらから。

方向も上下、左右、斜めとさまざまな方向に送られます。眼球を激しく動かしている状態です。ところが、「文字など近くのものを見る」場合には視線を動かすのはきわめて狭い範囲に限られます。そして文字を追うスピードもとてもゆっくりとした動きです。上から下、あるいは左から横という動きがほとんどです。また、脳との関係も注目です。「景色」の場合は視界に入るものの識別は無意識のうちに行っています。

でも、「文字」の場合は理解しようとして脳との伝達を繰り返すわけです。私たちの日常生活ではほとんどの人が近くの文字を理解しようとして目を使っている場合がほとんどだと思います。ですからこうやって考えてみると日頃どれだけ不自然な眼球の動きをしているかがわかってもらえると思います。

ジニアスeyeの眼球トレーニングでは、さまざまな筋肉を動かします。ジニアスeyeで視力が回復できることはこのような理由からなのです。ジニアスeyeのトレーニングでぜひ視力を回復してください。

さらに詳しくはこちらから。

posted by ジニアス at 10:01| 日記 | 更新情報をチェックする

視力と食べ物の関係

ジニアスeyeに興味がある人は視力回復トレーニングが視力回復に効果がある、とご存知でしょうが、視力と食べ物なんて関係ないんじゃないかと思う人も多いと思いのではないでしょうか。ですが、糖尿病で視力が低下することを考えてみてください。糖尿病は食事療法をしないと治りません。つまり、食べ物は視力と関係がある、というわけです。糖尿病は血液中のブドウ糖が多すぎて血液がどろどろになります。すると全身に運ばれる酸素の量が減って乳酸と呼ばれるのが排出されるようになります。
さらに詳しくはこちらから。

この乳酸はやっかいで、たんぱく質と結合しやすく、固いしこりとなってしまうのです。急な運動による筋肉痛や肩こりなどがその状態ですが、網膜や眼球でもこのようなコリができます。あまり自覚症状がないために放っておきやすいのが問題です。このコリをほぐすためにジニアスeyeでは眼球トレーニングを必要だとしていろいろな方法を紹介しているのですが、そのような外部からの運動と同時に体内でもなるべく乳酸を出さないように、血液をさらさらにしておく必要があります。ジニアスeyeで眼球トレーニングをすると同時に食べ物にも少し気をつけるようにすると視力回復に効果的です。
さらに詳しくはこちらから。

posted by ジニアス at 00:23| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。