2012年09月05日

簡単な眼球トレーニング

「ルーの三原則」として現代のスポーツでも原理として使われている原則です。
考案したウィルヘルム・ルー(1850年~1924年)はドイツの発生学者です。比較発生学の研究をしていました。

カエルの細胞分裂の研究が有名です。

そこで彼は「ルーの法則」という生理学上の基本法則をあみだしました。それは「活動性肥大の原則」「不活動性萎縮の法則」「長期にわたる機能向上制限による器官の特殊な活動能力減退の法則」「合目的構造の機能的自己形成の原理」です。
さらに詳しくはこちらから。

簡単に言うと「筋肉は適度に使うと発達し、使わないと退化し、過度に使うと障害を引き起こす」というもので、これを「ルーの三原則」と呼んでいます。これはジニアスeyeをはじめ視力回復トレーニングでの基本となる考え方です。


視力が悪くなるのは目の周囲の筋肉や視神経の機能が衰えてくることが原因です。


だから、このような筋肉や視神経を鍛えなおすことで
視力が回復できるということがジニアスeyeのトレーニング方法です。


意識的に鍛えることで焦点調節機能が回復して視力が良くなるのです。


簡単な眼球トレーニングで視力が
回復できるジニアスeyeのトレーニング方法をぜひ試してみてくださいね。
さらに詳しくはこちらから。

posted by ジニアス at 20:46| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。