2012年09月08日

視力と食べ物の関係

ジニアスeyeに興味がある人は視力回復トレーニングが視力回復に効果がある、とご存知でしょうが、視力と食べ物なんて関係ないんじゃないかと思う人も多いと思いのではないでしょうか。ですが、糖尿病で視力が低下することを考えてみてください。糖尿病は食事療法をしないと治りません。つまり、食べ物は視力と関係がある、というわけです。糖尿病は血液中のブドウ糖が多すぎて血液がどろどろになります。すると全身に運ばれる酸素の量が減って乳酸と呼ばれるのが排出されるようになります。
さらに詳しくはこちらから。

この乳酸はやっかいで、たんぱく質と結合しやすく、固いしこりとなってしまうのです。急な運動による筋肉痛や肩こりなどがその状態ですが、網膜や眼球でもこのようなコリができます。あまり自覚症状がないために放っておきやすいのが問題です。このコリをほぐすためにジニアスeyeでは眼球トレーニングを必要だとしていろいろな方法を紹介しているのですが、そのような外部からの運動と同時に体内でもなるべく乳酸を出さないように、血液をさらさらにしておく必要があります。ジニアスeyeで眼球トレーニングをすると同時に食べ物にも少し気をつけるようにすると視力回復に効果的です。
さらに詳しくはこちらから。



posted by ジニアス at 00:23| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。