2012年09月11日

ジニアスeyeのトレーニングでしっかり眼球を鍛える

子供のころ教科書の隅に書いたコマ送りの絵のようにぱらぱらと早くページをめくりませんでしたか?

このようにまんべんなく眼球を動かすジニアスeyeのトレーニングはこのように速読とも関係があります。ジニアスeye提唱者の川村氏は速読法でも独自の方法を編み出した第一人者です。

ですから視力回復とともに速読もできるようになるかもしれません。日常の生活ではこのような6つの筋肉を使うことはまずない、といってもいいでしょう。ですからジニアスeyeのトレーニングでしっかり眼球を鍛えることができます。

さらに詳しくはこちらから。

ジニアスeyeでは鍛える眼球の筋肉は6つあります。

これは医学的にももちろん6つあります。

その6つとは内向きの運動を支配している「内直筋」、外向きの筋肉の運動を支配している「外直筋」、上内向きの運動を支配する「上直筋」、下内向きの運動を支配している「下直筋」、下外向き運動とぐるりと回す車輪回転運動を支配している「上斜筋」、上外向き運動と同じく車輪回転運動支配している「下斜筋」です。

どれも眼球を支えている細い筋肉です。ジニアスeyeではこの6つの筋肉をいろいろな方法を使って鍛えることで視力回復のトレーニングをします。

さらに詳しくはこちらから。





posted by ジニアス at 20:58| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。